■取り組み趣旨■

 糀屋ダム用水は、農業水利施設の管理等を通じ地域農業の発展に尽くしてきた一方、農業用水においては、水辺環境を提供したり、地域用水機能の一環として集落内の防火・環境用水等(親水公園)に利用されるなど多面的な機能として地域の人々と大切な生命や財産を守り、地域環境用水にも役立てられています。
そこで、水利施設の機能保全並びに地域の自然、生態系の保全の為、地域住民で地域(ふるさと)づくりの一環として、地域の人たちと一緒に美しく豊かなふるさとづくりに取り組みました。


日 時 平成18年3月4日 午前9時〜
場 所 善防池分水口・善防チェックスタンド(加西市両月町地内)
内 容 1.善防池分水口せせらぎ水路周辺にさくらの植樹
   
農業水利施設(善防池分水口)の水辺空間を利用した親水施設であるせせらぎ水路周辺にさくらの植樹(11本)とアジサイの植付け(50株)をすることにより、施設の愛護並びに環境美化をはかりました。

2.善防チェックスタンド周辺の清掃活動並びに花木の植付け
  
 農業水利施設(善防チェックスタンド)法面へのごみ投棄が多く施設周辺の環境が損なわれ、また火災予防の為にアジサイ(80株)を植えることにより環境作り並びに不法投棄の抑止を目的に地域住民とともに清掃作業並びに花木の植付けを行いました。


3.施設案内看板の設置

 加古川西部土地改良事業の理解及び健全な土地改良施設の管理を行うために施設看板の設置を行いました。
参加規模 93名
組 織 @主催 水土里ネット加古川西部
A後援 兵庫県・水土里ネット兵庫・加西市建設経済部
                    ■■活動報告写真■■
参加者の受付・参加記念品の配布 中川理事長のあいさつ
高田事務局長開催宣言・参加御礼 さくら植樹についての説明
サァー作業開始!
標柱設置穴堀に四苦八苦
BACK NEXT